【姿勢矯正師が教える】痛みがあるのに「異常なし」と言われた人必見!坐骨神経痛の原因と改善方法

The following two tabs change content below.
山口 克志(グッチ)

山口 克志(グッチ)

整体歴18年。長年悩まされている頭痛の改善を得意とし、これまでに3500名のお客様の痛みと向き合い、30000回以上の施術をしてきました。ストレートネック改善のためのオリジナルのマクラを考案・販売。姿勢の大切さを伝える【一般社団法人ポスチャーポジション協会】を設立。美と健康の祭典「からだフェスタ」を主催。姿勢の大切さを伝える著書「シセイトリセツ(姿勢の取扱説明書)」を出版。

頭痛や腱鞘炎などと同じく「改善しない」とあきらめている方が多いのが、この坐骨神経痛です。

よくならないものだと思ってたから、痛かったけど放っとくしかなかった…。」と、たくさんお客さんから聞いてきました。

では、「なぜ、よくならないと判断してしまったのか?」と聞くと

「病院では痛み止めしかもらえず、いくら飲んでも改善しなかった」

「レントゲンを診て、異常なしと言われた」という答えを多く聞きました。

では、本当に坐骨神経痛は改善しないのか?

答えは No です!

当店では坐骨神経痛が改善したお客さんがたくさんいますので、その原因と改善方法をお伝えしたいと思います!

 

坐骨神神経痛とは?

坐骨神経痛とは、背骨を通り、足にかけて二股に別れる坐骨神経という神経に沿って痛みが出る症状です。
(写真の緑部分が坐骨神経)

この痛みは悪化すると、神経に沿って太ももの裏側を通り、足先にまでしびれや痛みが出ます。 

 

「異常なし」と診断される理由

坐骨神経痛の原因は筋肉が原因ですので、レントゲンやMRIなどでは異常が見つけられないのです。

ですので、どうしても他に考えられる原因にしたり、「異常なし」と診断されてしまうのです。

 

坐骨神経痛の原因

この坐骨神経の上には、梨状筋(写真右)・臀筋などがありこれらの筋肉が張ると神経を圧迫して痛みが出ます。

特にこの梨状筋は、坐骨神経の真上にあり、坐骨神経痛で来られるお客さんのこの筋肉に触れると、足先にまでしびれが出ます。

この筋肉が張る理由は、筋肉(梨状筋・臀筋など)への負荷のかけ過ぎです。

お尻や足は、両方で上半身を支えています。

日常の姿勢によって偏った使い方をすると、片方の臀筋の負担が増え筋肉が傷んでしまいます。

 

片方の臀筋に負担をかける座り方

この座り方が続くと、片方の臀筋に負担がかかり筋肉が痛んでしまいます。

片方の臀筋に負担をかける寝方

横向きに寝ると、体重が片方の臀筋にばかり負担がかかるので筋肉が傷んでしまいます。

片方の臀筋に負担をかける立ち方

片方の足に体重をかけて立つことも、筋肉が痛む原因になります。

 

骨盤の高さに注意

足を組む・横向きに寝る・横座りをするなど、日常の姿勢が悪いと骨盤の高さに違いが出てきます。

これは、臀筋に負担がかかっている証拠でもあります。

 

坐骨神経痛の改善方法

坐骨神経痛の改善方法は、臀筋をゆるめることです。

臀筋をゆるめる体操(シェー体操)がありますので、検索してやってみてください。

それでもゆるまない場合や早く改善させたいと思われる場合は、坐骨神経痛を理解している専門家にゆるめてもらってください。

坐骨神経痛の予防

坐骨神経痛の予防は、片方の臀筋に負担をかけないことです。

上向きに寝ることで、体の歪みが整いやすくなります。

坐骨神経痛は日常の生活姿勢が原因なのです。

まずは、痛みを改善させて痛みがなくなった後は、体の歪みを減らす生活をしてくださいね。

 

ご予約はこちら

ホットペッパービューティー

24時間Web予約ができます!

どこに行っても、何をしても症状が良くならないあなた。痛みの箇所=原因とは限りません。本気の改善を望むなら”姿勢”から改善させる必要があります。当院で考案したポスチャー(姿勢)リフォーム(改善)をぜひ体感してください。

SNSはこちら

グッチのSNS

facebook・Instagramなど、グッチのSNSはこちらをご覧ください!

オンラインショップ

オリジナルマクラや講座依頼

姿勢矯正士のグッチが考案したストレートネック対策用まくらです。頭痛・肩こり・仰向けに寝れない方に効果的なまくらです!その他、講座の依頼などもこちらからお申し込みください。