元気なカラダを創る寝姿勢③ 「硬い所で寝る」

The following two tabs change content below.
山口 克志(グッチ)

山口 克志(グッチ)

整体歴18年。長年悩まされている頭痛の改善を得意とし、これまでに3500名のお客様の痛みと向き合い、30000回以上の施術をしてきました。ストレートネック改善のためのオリジナルのマクラを考案・販売。姿勢の大切さを伝える【一般社団法人ポスチャーポジション協会】を設立。美と健康の祭典「からだフェスタ」を主催。姿勢の大切さを伝える著書「シセイトリセツ(姿勢の取扱説明書)」を出版。
山口 克志(グッチ)

最新記事 by 山口 克志(グッチ) (全て見る)

【姿勢を整え、元気なココロとカラダを創る】

姿勢の先生「グッチ」こと山口 克志です。

整体歴17年、これまでに3000名以上のお客様の痛みと向き合い、30000回以上の施術実績から、気づいたことがあります。

このメルマガをお読みいただき、痛みに悩まされている方の「痛みが改善」し、痛みのない方には、「痛みの予防」になればうれしいく思います。

元気なカラダを創る寝姿勢③

硬い所で寝る

「上向きに寝る」「首を支える」に続き大切なことが、「硬いところで寝る」です。

 

実は「この硬い所で寝る」ができるようになると、先にと伝えした2つがさらに効果を出します。

人の作業は全て正面の筋肉を縮めて行うので、ねこ背になるのは仕方がありません。

その丸くなった背中は硬いところに上向きに寝ることで背中が押し込まれ改善していくのです。

すでにねこ背など、姿勢が悪い方は硬い所で寝ると、からだの色々なところに痛みが出るかもしれませんが、それはすでに体が歪んでいるからです。

その歪みを整えるためにも、 「上向きに寝る」「首を支える」「硬いところで寝る」を実践してください。

姿勢が整うと、どんなところでも寝れる体になります。

 

理想は畳

マットレスは、体を沈めてしまい寝返りを減らし、丸まった姿勢を維持していまうので、ねこ背になります。

さらには、首を支えるための枕が沈んでしまい効果が発揮できません。

硬い所に上向きで寝ることで、反り腰の改善にも効果があります。

理想は、畳に寝ることです。

畳は、必要なサイズで作ってくれますし、丈夫で長持ちします。

元気なカラダを創る寝姿勢3つをご紹介しました。

頭痛や肩こりなどの痛みに悩まされることなく、笑顔で過ごせる毎日を過ごしていただくために、できることから実践してください。

 

頭痛・肩こりなどの痛みの原因や対処法や基本の4姿勢など続きが知りたいという方は、「姿勢の先生」グッチこと山口克志の公式メルマガ の登録をお願いします。

メルマガ

このメルマガでは、他では聞けない内容をご紹介しています!

▶︎グッチの公式メルマガ

 

ご予約はこちら

ホットペッパービューティー

24時間Web予約ができます!

どこに行っても、何をしても症状が良くならないあなた。痛みの箇所=原因とは限りません。本気の改善を望むなら”姿勢”から改善させる必要があります。当院で考案したポスチャー(姿勢)リフォーム(改善)をぜひ体感してください。

SNSはこちら

グッチのSNS

facebook・Instagramなど、グッチのSNSはこちらをご覧ください!

オンラインショップ

オリジナルマクラや講座依頼

姿勢矯正士のグッチが考案したストレートネック対策用まくらです。頭痛・肩こり・仰向けに寝れない方に効果的なまくらです!その他、講座の依頼などもこちらからお申し込みください。