ねこ背は自分で作っている!?

The following two tabs change content below.
山口 克志(グッチ)

山口 克志(グッチ)

整体歴18年。長年悩まされている頭痛の改善を得意とし、これまでに3500名のお客様の痛みと向き合い、30000回以上の施術をしてきました。ストレートネック改善のためのオリジナルのマクラを考案・販売。姿勢の大切さを伝える【一般社団法人ポスチャーポジション協会】を設立。美と健康の祭典「からだフェスタ」を主催。姿勢の大切さを伝える著書「シセイトリセツ(姿勢の取扱説明書)」を出版。

【姿勢を整え、元気なココロとカラダを創る】

姿勢の先生「グッチ」こと山口 克志です。

「みなさんが痛みに邪魔されず、生活できることに幸せを感じてほしい」そんな想いでこのメルマガを書いています!

痛みの原因となる「ねこ背」

頭痛・肩こり・腰痛など様々な痛みの原因となるのが「ねこ背」です。

「ねこ背を治したい!」と思う方はたくさんいると思いますが、原因を知らないと、ねこ背を悪化させてしまうことがあります。

 

ねこ背の人が背筋を鍛える

「背中が丸いのは、背筋が弱いから」と背筋を鍛える人がいますが、それ、とても危険です!

ねこ背は、正面(腹筋・胸筋など)の筋肉が縮んでいる姿勢です。

正面の筋肉が縮んだまま背筋を鍛えると、正面の筋肉と背面の筋肉、両方を縮めることになります。

両方のの筋肉が縮むと背骨や椎間板が圧迫され、圧迫骨折や椎間板ヘルニアなどの原因になってしまうのです。

まずは、ねこ背の原因となる胸筋や腹筋などをゆるめることが大切なのです。

この順番を間違えると、せっかくの運動が怪我の原因になってしまいますので、ご注意ください。

 

ねこ背をになるストレッチ

痛みの改善や元気になるためにしているストレッチがねこ背になっている可能性があります。

それが「腕を前に引っ張るストレッチ」です。

人は顔が正面にありますので、日常の作業は正面の筋肉を縮めて行います。

この姿勢は、胸筋が縮み肩関節や肩甲骨が前に引っ張られ、巻き肩の原因になります。

背中の筋肉(肩甲骨周辺の筋肉)は、巻き肩にならないように縮み硬くなるのが、背中のコリです。

腕を引っ張るストレッチをすると、肩甲骨周辺の筋肉が伸ばされ、ねこ背が悪化してしまいます。

すべてのコリに理由がありますので、「背中の筋肉が張っている」からといって、揉んだり・引っ張ったりしないでくださいね。

頭痛・肩こり・腰痛などの痛みを引き起こす「ねこ背」の原因は 姿勢 です。

「立つ・歩く・座る・寝る」の基本4姿勢を学び日常生活で意識するだけで、痛みは改善し痛みの出にくいカラダに変わります。

 

次回は、【頭痛・肩こりを解消!】元気なカラダを創る寝姿勢①

カラダの回復に重要な 寝姿勢 についてお伝えします!

ご予約はこちら

ホットペッパービューティー

24時間Web予約ができます!

どこに行っても、何をしても症状が良くならないあなた。痛みの箇所=原因とは限りません。本気の改善を望むなら”姿勢”から改善させる必要があります。当院で考案したポスチャー(姿勢)リフォーム(改善)をぜひ体感してください。

SNSはこちら

グッチのSNS

facebook・Instagramなど、グッチのSNSはこちらをご覧ください!

オンラインショップ

オリジナルマクラや講座依頼

姿勢矯正士のグッチが考案したストレートネック対策用まくらです。頭痛・肩こり・仰向けに寝れない方に効果的なまくらです!その他、講座の依頼などもこちらからお申し込みください。