「いつもここに魚の目ができる…。」について質問をいただきました。

The following two tabs change content below.
山口 克志(グッチ)

山口 克志(グッチ)

整体歴18年。長年悩まされている頭痛の改善を得意とし、これまでに3500名のお客様の痛みと向き合い、30000回以上の施術をしてきました。ストレートネック改善のためのオリジナルのマクラを考案・販売。姿勢の大切さを伝える【一般社団法人ポスチャーポジション協会】を設立。美と健康の祭典「からだフェスタ」を主催。姿勢の大切さを伝える著書「シセイトリセツ(姿勢の取扱説明書)」を出版。
「削っても、削っても、いつもここに魚の目ができる…」
こんな悩みを持つ方が多いようです。
 
この魚の目も意味があってできていますので、何度削ってもまたできます。
「できたから対処しよう」ではなく「なぜ、魚の目ができるのか?」について考えることで症状が改善します。
 
お客さんで「気がついたらなくなってた!」と驚かれてましたよ!

魚の目は、「開張足」が原因

開張足とは、このこのように、母指の付け根と小指の付け根の間の横アーチがなくなっている状態で、ここに魚の目ができることが多いのです。

では、なぜ横アーチが無くなってしまったのか?

足裏には3つのアーチがある

足裏のアーチが少ない扁平足の人が増え続けています。

扁平足とは、足裏の3つのアーチ(土踏まず・横アーチ・外縦アーチ)が減少している状態のことを言います。

土踏まず

親指と踵を結ぶアーチが重要で「土踏まず」と言われています。
この土踏まずは、地面からの衝撃を吸収する役割を果たします。

魚の目は、横アーチ(母指の付け根と小指の付け根)がなくなった状態の時に起こります。

開張足の原因は「歩き方」

本来は、「かかと」から「母指球」に体重を移動させて歩きます。

開張足の人は、つま先の角度が狭く、「かかと」から「人差し指〜中指のあたり」で体重を支えるので、横アーチが潰れてしまうのです。

「人差し指〜中指のあたり」に体重が乗り、骨へのダメージを防ぐために角質が硬くなっているのが、魚の目やタコです。

つま先の角度は30°

正しく歩くためのつま先の角度は15°くらいです。

つま先を15°くらいに開くことで、自然に「かかと」から「母指球」に体重移動ができるようになります。

魚の目やタコができるということは、正しく歩けていないということですので、魚の目に対処するのではなく、歩き方を練習しましょう!

 

ご予約はこちら

ホットペッパービューティー

24時間Web予約ができます!

どこに行っても、何をしても症状が良くならないあなた。痛みの箇所=原因とは限りません。本気の改善を望むなら”姿勢”から改善させる必要があります。当院で考案したポスチャー(姿勢)リフォーム(改善)をぜひ体感してください。

SNSはこちら

グッチのSNS

facebook・Instagramなど、グッチのSNSはこちらをご覧ください!

オンラインショップ

オリジナルマクラや講座依頼

姿勢矯正士のグッチが考案したストレートネック対策用まくらです。頭痛・肩こり・仰向けに寝れない方に効果的なまくらです!その他、講座の依頼などもこちらからお申し込みください。