【腰にかかる負担】仰向けに寝るから腰が回復する

The following two tabs change content below.

山口 克志(グッチ)

整体歴20年。長年悩まされている頭痛の改善を得意とし、これまでに4000名のお客様の痛みと向き合い、50000回以上の施術をしてきました。ストレートネック改善のためのオリジナルのマクラを考案・販売。姿勢の大切さを伝える【一般社団法人ポスチャーポジション協会】を設立。美と健康の祭典「からだフェスタ」を主催。姿勢の大切さを伝える著書「シセイトリセツ(姿勢の取扱説明書)」を出版。

最新記事 by 山口 克志(グッチ) (全て見る)

仰向けに寝ることで良い姿勢は保たれます。

いくら「ねこ背」を直そうと運動やストレッチをしても、仰向きに寝れないとねこ背は改善しません。

それだけではなく、仰向きに寝ることで体は回復します。

姿勢別「腰にかかる負担」

このイラストは、立っている時が100だとして、いろんな姿勢が腰にどれだけ負担がかかるか?を表しています。

仰向けで寝ることで腰への負担は、立っている時の1/4になりますので、体が回復時間になります。

横向きに寝ると腰への負担は、立っている時の3/4となり、あまり回復をしません。

立ったまま上半身を前傾させると、腰への負担は1.5倍(倒す角度によっては違いがあります)になります。

上半身を真っ直ぐにして座った時の腰への負担は、1.4倍で、上半身を前傾させて座った場合は、1.85倍の負担になるのです。

腰を回復させる寝姿勢は「仰向け」

このイラストを見ていただくと、一目瞭然だと思います。

これだけでなく、肋骨が膨らみやすく呼吸もしやすい。

体のバランンスが崩れないので、姿勢も悪くなりませんので、理想の寝姿勢は仰向けなのです。

このイラストをご覧いただき、日常生活に役立ててくださいね!

ご予約はこちら

ホットペッパービューティー

24時間Web予約ができます!

どこに行っても、何をしても症状が良くならないあなた。痛みの箇所=原因とは限りません。本気の改善を望むなら”姿勢”から改善させる必要があります。当院で考案したポスチャー(姿勢)リフォーム(改善)をぜひ体感してください。

SNSはこちら

グッチのSNS

facebook・Instagramなど、グッチのSNSはこちらをご覧ください!

オンラインショップ

オリジナルマクラや講座依頼

美姿整体師のグッチが考案したストレートネック対策用まくらです。頭痛・肩こり・仰向けに寝れない方に効果的なまくらです!その他、講座の依頼などもこちらからお申し込みください。