【なんで先生は白衣を着ないのですか?】僕が白衣を着ない理由

The following two tabs change content below.
山口 克志(グッチ)

山口 克志(グッチ)

整体歴18年。長年悩まされている頭痛の改善を得意とし、これまでに3500名のお客様の痛みと向き合い、30000回以上の施術をしてきました。ストレートネック改善のためのオリジナルのマクラを考案・販売。姿勢の大切さを伝える【一般社団法人ポスチャーポジション協会】を設立。美と健康の祭典「からだフェスタ」を主催。姿勢の大切さを伝える著書「シセイトリセツ(姿勢の取扱説明書)」を出版。
山口 克志(グッチ)

最新記事 by 山口 克志(グッチ) (全て見る)

僕は整体歴18年になります。

これまでに「なんで先生は白衣を着ないのですか?」と、何度か聴かれたことがあります。

整体師=白衣 みたいなのがあるのかもしれませんね。

僕は今後も白衣を着ることはありませんので、その理由をお伝えしようと思います。

「白衣」着用の意味

僕が通ったカイロプラクティックの学校は、白衣着用が義務化していたので、そこではじめてネーム入りの白衣を買いました。

当時の先生に「なぜ白衣を着るのですか?」と聞いたところ、「白衣には威厳がある。お客さんと上下関係をしっかり作るため」「孫にも衣装で、新人でも白衣を着ていたらそれなりに見える」と言われました。

その時は、「そうなんだ!」と納得し、数年間は僕も白衣を着ていました。

しかし、何年か経った時にお客さんに「白衣ってなんか圧迫感ありますよね」と言われたことがありました。

「制服」だと思い気にしてなかったのですが、調べてみると白衣には意味があることに気付きました。

例えば

お医者さん・看護師さん
血液感染などの危険から血液の付着が発見しやすいために白衣を着用
薬剤師さん・研究員の方
薬を扱うので、こちらも薬剤の付着が発見しやすいように白衣を着用

キチンと意味があるのです。

整体師=白衣?

僕たちは血液に触れることも薬剤に触れることもありませんので、白衣を着用しないといけない理由はありませんでした。

その時に、カイロの学校の先生に言われた「威厳?孫に衣装?」のことをふと思い出し、白衣を着ることに抵抗感が生まれました。

同時に「威厳なんて要らない!自分がしっかりお客さんの痛みと向き合えば自然と信頼関係が生まれるはずだ」と思うようになりました。

威厳は、僕が上から話をする関係を作ってしまい、お客さんが何も言えない環境を作ってしまう可能性があると感じました。

僕を頼ってきてくださったお客さんの「体を元の状態に戻すお手伝いをする」のが僕の仕事なので、いろいろなことを伝え合える関係を作りたいと思ったので、すぐに白衣をやめました。

白衣はとても清潔感があって良いと思いますし、白衣を着ている整体師さんが「威厳」が欲しくて着ているとは思っていません。

ただ、そんな理由から僕は白衣を着なくなっただけです。

整体師=白衣 というイメージがあるようで、何度も聞かれるので理由をお伝えしました。

ご予約はこちら

ホットペッパービューティー

24時間Web予約ができます!

どこに行っても、何をしても症状が良くならないあなた。痛みの箇所=原因とは限りません。本気の改善を望むなら”姿勢”から改善させる必要があります。当院で考案したポスチャー(姿勢)リフォーム(改善)をぜひ体感してください。

SNSはこちら

グッチのSNS

facebook・Instagramなど、グッチのSNSはこちらをご覧ください!

オンラインショップ

オリジナルマクラや講座依頼

姿勢矯正士のグッチが考案したストレートネック対策用まくらです。頭痛・肩こり・仰向けに寝れない方に効果的なまくらです!その他、講座の依頼などもこちらからお申し込みください。