おばあちゃんから学んだ「死にたくても死ねない…」これからの100年時代をどう生きるか?

The following two tabs change content below.
山口 克志(グッチ)

山口 克志(グッチ)

グッチこと山口克志です。整体歴17年、この仕事を続けてきてわかったことは、頭痛・肩こりなどで悩んでいる方多くの人が【その場しのぎ】の施術しか知らず、改善をあきらめているということです。僕は「どんな痛みにも原因があり、その原因と向き合い対処することで、症状は改善していく」ということをしっかり伝え、目の前の方の痛みにしっかり向き合うようにしています!

「LIFE SHIFT(まんが)」という本を読んで、改めてこれからの「100年時代」を考えました。

前までの僕は、「そんなに長く生きるつもりはない」って言ってきました。

でも、去年亡くなったおばあちゃんと話していた時におばあちゃんが言っていたのが「死にたくても死ねないんよ」でした。

この言葉からいろいろと考えるようになりました。

おばあちゃんが言った「死にたくても死ねない」

おばあちゃんは、心臓が悪くこれまで入退院を繰り返し、何度も死にかけてました。

「おばあちゃん、大変やったね」と話すと「ごめんね…十分に生きたしもういい(生きること)ねんけど、死ねないんよ」って何度も話してました。

だいぶ前におじいいちゃんが亡くなり、一人で生きていたおばあちゃんは、よく「もう、いつ死んでもいいんよ」って口癖のように話してました。

そして、入院をする度に手続きなどをしに京都に行く僕に「ごめんね…」って何度も言ってました。

亡くなる1週間前は、毎日のように京都に向かい、意識がなくなっていくおばあちゃんに声をかけ続けました。

また、会いにくるからがんばってね!

早く元気になっておいしものでも食べにいこうね

と言ってました。

でも、ツラそうで最後の方は、おばあちゃんの顔を濡れタオルで拭きながら

おばあちゃん、大好きよ

おばあちゃんのおかげで僕はここまで大きくなれたんよ

おばあちゃん、ありがとうね、もう楽になっていいんよ」っていう言葉をかけました。

意識もなく、口も開きっぱなしで、ぜぇぜぇ呼吸をしているおばあちゃんが、軽く手を握り返してくれて、涙を流してうなずいたんです。

そう言ってほしかったのかなぁって思いました。

ちゃきちゃきしたおばあちゃんで、いつも家族ことを考え働きまくっていました。

だからこそ、家族に迷惑をかけるのがとてもツラかったのだろうと思います。

それは、僕たちが「迷惑なんかじゃないよ」と伝えても、おばあちゃんはツラかったんだろうと思います。

僕は、おばあちゃんの「死にたくても死ねなんよ」って、言葉がとても心に残りました。

日本では、迷惑をかけずに死ぬ方法がない

日本では、基本的にまだ「尊厳死」「安楽死」と言った死に方は選べません。

ですので、死ぬまで生きないといけない。

これは、当たり前なようで、わかっていない人が多いように思います。

僕の整体という仕事は、「体に痛みをかかえる人たち」が来られる仕事です。

この仕事を17年やってきてわかったことは、体を大切にしない人が多すぎるということです。

車のようにパーツが壊れたからと言って、簡単に交換できないんです。

しかも、車のように乗り換えもできなくて、何十年も使い続けないといけない。

壊れたら壊れたまま使い続けないといけないのが、僕たちの体なのです。

「痛くてもういやや!」と言ってもどうしようもないのです。

僕たちは、この体で死ぬまで生きないといけないんです。

体を壊すと、家族からたくさんのものを奪う

自分の体が不自由になると誰かの世話にならないといけない。

それは、大切な家族から、時間やお金、心を奪うことになる。

当店に来られるお客さんが「家族に迷惑ばかりかけるし、この痛みが取れるなら1000万円くらい安い」と言ってました。

それを聞いて、とても残念でした。

頭痛・肩こり・腰痛・ひざ痛…これらの体の痛みは、だれのせいでもなく、自分で作り出したものなのです。

体は異常を痛みというサインで出し続けていたのに、それを無視した結果なのです。

完全には回復できない症状になり、家族を心配させることになったのです。

100年時代を生き抜くために

今、これを伝えるのは酷だと思いましたが、「その1000万円の1/3でも若いころから体のために使ってきたらこうはならなかったのです

なので、家族を心配させないように、これからでも体を大切にしてあげてください。」と伝えました。

 

着物時代のように歩き方が悪くても、50歳で亡くなる時代では、ひざ痛にならなかったかもしれない。

今多い内股でも、80歳で亡くなるなら少し痛みを我慢すればいいだけ。

でも、100年時代に突入しようとしているので、それを考えると「美」「物」ばかりにお金をかけてないで「健康」にもっと時間とお金をかけないといけない。

だって、「死にたくても死ねない」時代なのですから。

 

グッチのSNS

体についての質問や施術、コンサルティングの予約はLINE@からもできます。

グッチのLINE@

グッチのfacebook

グッチのtwitter

グッチのマクラのInstagram

以前のブログ(アメブロ)

以前のブログ(ワードプレス )

頭痛改善整体・講座のご予約はこちら
整体・カウンセリングは、24時間整体の予約ができます!

姿勢矯正整体

どこに行っても、何をしても症状が良くならないあなた。
痛みの箇所=原因とは限りません。本気の改善を望むなら”姿勢”から改善させる必要があります。当院で考案したポスチャー(姿勢)リフォーム(改善)をぜひ体感してください。

当店オリジナルまくら「グッチのマクラ」
グッチのマクラ・オンラインショップ

姿勢矯正士のグッチが考案したストレートネック対策用まくらです。頭痛・肩こり・仰向けに寝れない方に効果的なまくらです!