なぜ、どこに行っても改善しなかった頭痛を、僕は改善することができるのか?

The following two tabs change content below.
山口 克志(グッチ)

山口 克志(グッチ)

整体歴18年。長年悩まされている頭痛の改善を得意とし、これまでに3500名のお客様の痛みと向き合い、30000回以上の施術をしてきました。ストレートネック改善のためのオリジナルのマクラを考案・販売。姿勢の大切さを伝える【一般社団法人ポスチャーポジション協会】を設立。美と健康の祭典「からだフェスタ」を主催。姿勢の大切さを伝える著書「シセイトリセツ(姿勢の取扱説明書)」を出版。

頭痛は改善しないものだと考えている方がまだまだ多いのですが、当店では頭痛の改善ができます。

では、「なぜ、どこに行っても改善しなかった頭痛を、僕が改善できるのか?」についてお伝えします!

頭痛の原因は「頚椎の歪み」

頭痛と言ってもいろいろな原因があります。

中にはとても危険な病気が隠れていることもありますので、まずは病院で受診してください。

病院で【異常なし】と診断されたのに起こる頭痛は、姿勢矯正で改善できる可能性が高いです。

病院で【異常なし】なのに、なんで改善できるの?って思われるかもしれませんのでご説明しますね。

骨に異常がないということ

病院での異常なしは、骨折やヒビなど「骨に異常がない」ということです。

それがわかるだけで、かなり安心できますよね。

「骨に異常がない」とわかったら、骨以外のものが原因で頭痛が起こっているということです。

そこで考えられることは、関節・筋肉・腱です。

関節を調べる

筋肉・腱・関節などの中で、一番多い原因が頚椎の歪みです。

頚椎は、7つの骨が重なり、頭を支えています。

骨は筋肉によって支えられていますので、筋肉が縮むと骨も引っ張られます。

事故など大きな衝撃によって骨が歪むこともありますが、筋肉が縮み骨を歪ませることもあります。

しかし、筋肉はレントゲンやMRIなどには映りませんので、異常は見つからないのです。

そして、もう一つの異常が見つからない理由があります。

静止画だと異常は見つからない

頚椎の歪みは、首を動かした時にしか歪みが確認できないので、レントゲンやMRIなどの静止画では異常が発見できないのです。

「首を回してここで痛みが出る!」みたいな箇所があると思います。

そこが歪んだところです。僕は、首を動かしながら関節を異常を探すので、病院では見つからなかったその異常を発見できるのです。

今後、動画のレントゲンなどができれば、この異常を探せるかもしれませんね!

(ただ、長時間放射能を浴びることになりますが…。)

あとは整えるだけ

頚椎の歪みが見つかれば、あとは、その頚椎を整えていくだけです!

この施術は、整体歴17年の僕が考案した、安全で痛みのない施術方法で行います。

もちろん、ボキボキなど、危険なことはしませんので、ご安心ください。

 

 

ご予約はこちら

ホットペッパービューティー

24時間Web予約ができます!

どこに行っても、何をしても症状が良くならないあなた。痛みの箇所=原因とは限りません。本気の改善を望むなら”姿勢”から改善させる必要があります。当院で考案したポスチャー(姿勢)リフォーム(改善)をぜひ体感してください。

SNSはこちら

グッチのSNS

facebook・Instagramなど、グッチのSNSはこちらをご覧ください!

オンラインショップ

オリジナルマクラや講座依頼

姿勢矯正士のグッチが考案したストレートネック対策用まくらです。頭痛・肩こり・仰向けに寝れない方に効果的なまくらです!その他、講座の依頼などもこちらからお申し込みください。