【実はこれが本当に怖い】頭痛持ちは、ボケやすく、脳疾患の可能性も上がる!

The following two tabs change content below.
山口 克志(グッチ)

山口 克志(グッチ)

整体歴18年。長年悩まされている頭痛の改善を得意とし、これまでに3500名のお客様の痛みと向き合い、30000回以上の施術をしてきました。ストレートネック改善のためのオリジナルのマクラを考案・販売。姿勢の大切さを伝える【一般社団法人ポスチャーポジション協会】を設立。美と健康の祭典「からだフェスタ」を主催。姿勢の大切さを伝える著書「シセイトリセツ(姿勢の取扱説明書)」を出版。

僕の専門は「姿勢」なのですが、「頭痛改善」が得意です。

僕が頭痛改善にこだわる理由は、頭痛の先にある脳へのダメージなのです。

では、脳へのダメージについてお伝えします。

三大成人病とは?

三大成人病と言われる病気は、悪性新生物(がんなど)、心疾患(心筋梗塞など)、脳血管疾患(脳卒中など)この3つです。

その中で、脳血管疾患が頭痛と大きな関係があります。

この脳血管疾患は、3割近くが寝たきりになってしまいます。

脳梗塞と脳卒中

脳卒中の原因の7割が脳梗塞で、この脳梗塞は「脳の酸欠死」と言われています。

梗塞は、脳の血管が詰まって塞がったために生じる病気です。

脳細胞は、血液から酸素をもらい呼吸をしています。

動脈が詰まると酸素が運ばれなくなり、 酸欠で脳細胞は壊死を起こします。

怖いのが、一度壊死した脳細胞の回復はほぼ不可能なのです。

「脳の酸欠」という危険

頭痛の原因も脳の酸欠です。

酸欠状態になると、脳細胞がどんどん死んでしまいます。

酸欠といえばわかりやすいのが「高山病」です。

アルピニストの野口さんがこう話されていました。

登山家でヒマラヤに行ってる人で、ボケる人が多いんですよ、本当に。50代半ばぐらいでエベレストに10回登った、有名なシェルパがいるんですけどね。10回とも無酸素で登ってるんです。彼は50代半ばですけど、もうボケてしまっているんです。

姿勢を整えることで頭痛が改善する

僕が頭痛改善が必要だと言っている理由は、「痛みの改善」だけではないのです。

脳の酸欠が引き起こす「脳へのダメージ」

そして、「脳へのダメージ」が引き起こす、さらに危険な病気を防ぎたいと想いがあり「頭痛改善」に力を注いでいます。

その頭痛を改善させるためには、原因となる姿勢を改善させる必要があるのです。

ご予約はこちら

ホットペッパービューティー

24時間Web予約ができます!

どこに行っても、何をしても症状が良くならないあなた。痛みの箇所=原因とは限りません。本気の改善を望むなら”姿勢”から改善させる必要があります。当院で考案したポスチャー(姿勢)リフォーム(改善)をぜひ体感してください。

SNSはこちら

グッチのSNS

facebook・Instagramなど、グッチのSNSはこちらをご覧ください!

オンラインショップ

オリジナルマクラや講座依頼

姿勢矯正士のグッチが考案したストレートネック対策用まくらです。頭痛・肩こり・仰向けに寝れない方に効果的なまくらです!その他、講座の依頼などもこちらからお申し込みください。