【ひざ痛が気になりだした…】あなたの寝方や歩き方にひざ痛の原因がある

The following two tabs change content below.
山口 克志(グッチ)

山口 克志(グッチ)

グッチこと山口克志です。整体歴17年、この仕事を続けてきてわかったことは、頭痛・肩こりなどで悩んでいる方多くの人が【その場しのぎ】の施術しか知らず、改善をあきらめているということです。僕は「どんな痛みにも原因があり、その原因と向き合い対処することで、症状は改善していく」ということをしっかり伝え、目の前の方の痛みにしっかり向き合うようにしています!

女性に多い悩みとして、「ひざ痛」があります。

ひざ痛は、歩き方・寝方・座り方が大きく関係します。

今回ご初回するお客さんも、「左ひざが気になりだしました」ということで、姿勢のチェックをしました。

この方も、寝姿勢と歩き方が原因のひざ痛でした。

なぜ女性にひざ痛が多いのか?

どんなことをすればひざ痛が起こるのか?をご紹介していきたいと思います。

 

ひざ痛の原因の一つが横向けに寝ること

このお客さんは、左のひざが痛いとのことでしたので、寝姿勢を確認すると、いつも左が上の横向きで寝るとのことでした。

横向に寝ると、上にくる方のひざが痛くなる

ひざ関節は、一方向にしか動かない関節なので、ひざの向きとつま先が同じ方向を向いていないと傷みます。

この姿勢で寝ると、左の股関節が内旋(内股)になりやすいんです。

歩き方を見ればひざ痛いの原因がわかる

歩き方を見れば、股関節などの動きがわかるので、歩いていただきました。

まず、気になるのが、足幅(横)が狭いことです。

足がクロスしていて、とても不安定な歩き方なんです。

足幅(横)が狭いと、綱渡りしているようなもので、不安定になりとても疲れます。

正面からですが、右足はつま先が外に向いています。

左足は、つま先が正面を向いている。

これは、左の股関節が内旋(内股)になっている証拠なのです。

また、右足のつま先は外側に向いている。

やはり、左足のつま先は、正面を向き内旋しているのがわかります。

寝ていただき足を確認しました。

やはり、左足が内旋していました。

ひざ痛の原因となる股関節の内旋が見つかりましたので、股関節を外旋させていくことで、改善できます。

このように原因を見つけることが根本的改善に結びつきます。

あなたの痛みも原因がありますので、一緒に改善を目指しましょう!

グッチのSNS

体についての質問や施術、コンサルティングの予約はLINE@からもできます。

グッチのLINE@

グッチのfacebook

グッチのtwitter

グッチのマクラのInstagram

以前のブログ(アメブロ)

以前のブログ(ワードプレス )

頭痛改善整体・講座のご予約はこちら
整体・カウンセリングは、24時間整体の予約ができます!

姿勢矯正整体

どこに行っても、何をしても症状が良くならないあなた。
痛みの箇所=原因とは限りません。本気の改善を望むなら”姿勢”から改善させる必要があります。当院で考案したポスチャー(姿勢)リフォーム(改善)をぜひ体感してください。

当店オリジナルまくら「グッチのマクラ」
グッチのマクラ・オンラインショップ

姿勢矯正士のグッチが考案したストレートネック対策用まくらです。頭痛・肩こり・仰向けに寝れない方に効果的なまくらです!