「子供たちの姿勢が危ない!」頭痛の発症年齢が低年齢化している

The following two tabs change content below.
山口 克志(グッチ)

山口 克志(グッチ)

グッチこと山口克志です。整体歴17年、この仕事を続けてきてわかったことは、頭痛・肩こりなどで悩んでいる方多くの人が【その場しのぎ】の施術しか知らず、改善をあきらめているということです。僕は「どんな痛みにも原因があり、その原因と向き合い対処することで、症状は改善していく」ということをしっかり伝え、目の前の方の痛みにしっかり向き合うようにしています!

【姿勢を整え、元気なココロとカラダを創る】

姿勢の先生「グッチ」こと山口 克志です。

「みなさんが痛みに邪魔されず、生活できることに幸せを感じてほしい」そんな想いでこのメルマガを書いています!

今回ご紹介する内容は、「子供たちの姿勢が危ない!」頭痛の発症年齢が低年齢化している です。

頭痛の発症年齢が低年齢化している

スマホの普及や運動不足などの原因により、頭痛・肩こりなどで悩む人が増加しています。

残念なことに、痛みの発症がどんどん低年齢化していて、近年では子供たちが

「頭が痛い…」

「肩がこる」

と訴えて整体院に来店します。

子供たちを痛みから守るためにも「姿勢」の知識は重要になります。

 

頭痛の原因はストレートネック

首に負担のかかる姿勢でスマホをすると、ストレートネックになります。

このストレートネックが頭痛・肩こりの原因になります。

ストレートネックとは


本来、頚椎は前弯(前方に弯曲している状態)していますが、スマホなどで首を前に倒す時間が長くなることで、その弯曲が減少し頚椎が真っ直ぐになってしまう姿勢のことを言います。

人生100年時代に近づき長く生きられる分、これまでよりも痛みを抱える期間が長くなります。

例えば…

30歳で頭痛が発症、80歳まで生きたとして、痛みに悩まされる期間は50年間

10歳で頭痛が発症、100歳まで生きたとして、痛みに悩まされる期間は90年間

という深刻な問題になっています。

家族に痛みを抱えた人がいると、本人でけでなく周りの家族もツラくなります。

ご自身の体の痛みの改善や子供たちを痛みから守るためにも、できるだけ早く姿勢の勉強をしてもらいたいと思います。

 

スマホ姿勢

姿勢に悪いからといってこの時代にスマホを取り上げるわけにはいきません。

ですので、スマホをする時の姿勢をご紹介します。

①壁に近づき背中と頭をつける
②ひざを引き寄せ三角座りのようにひざを曲げる
③ひざの上に肘を置き目線上にスマホを持つ
※ひざの上にクッションを置き高さを調整する

「スマホをする時はこの姿勢でしなさい」と伝えてあげてください。

グッチのSNS

体についての質問や施術、コンサルティングの予約はLINE@からもできます。

グッチのLINE@

グッチのfacebook

グッチのtwitter

グッチのマクラのInstagram

以前のブログ(アメブロ)

以前のブログ(ワードプレス )

頭痛改善整体・講座のご予約はこちら
整体・カウンセリングは、24時間整体の予約ができます!

姿勢矯正整体

どこに行っても、何をしても症状が良くならないあなた。
痛みの箇所=原因とは限りません。本気の改善を望むなら”姿勢”から改善させる必要があります。当院で考案したポスチャー(姿勢)リフォーム(改善)をぜひ体感してください。

当店オリジナルまくら「グッチのマクラ」
グッチのマクラ・オンラインショップ

姿勢矯正士のグッチが考案したストレートネック対策用まくらです。頭痛・肩こり・仰向けに寝れない方に効果的なまくらです!